RSS | ATOM | SEARCH
ピア・るっすん村のあひるろ 横浜に行くの巻き 最終回


おはようございます。
よく寝ましたね〜。


朝食は《馬さんのみせ》で朝粥定食ですね。
 
朝粥、美味しゅうございました。
お粥をなめてましたね。
はい、病人が食べるものだと
思ってましたから・・・
お粥は美味しいものでしたねぇ。
そういえば、このお茶の入れ物
かなり熱いです。気をつけてください。
馬さんの店 龍仙 - 料理写真:
馬さんの店龍仙 - 店内写真:とりあえずお茶が出ます


さて、朝からまたお腹いっぱいになりましたね。
中華まんを食べ損ねましたが
もう、しばらく食べられないですね・・・
はい、お腹がパチパチですから。

シーバスの時間がまだありますので
横浜駅に戻る前に
氷川丸を見学してみましょか?
そうしましょか



氷川丸ですね。
名前だけは知っていましたが
見学は 200円ですか
安いですね。








昭和の初期から働いていたのですね。

日本〜シアトルの
貨客船だったそうですが
いろんな人がこの窓を
  いろいろな想いで見たのでしょね・・・・・



当時の華やかさがうかがわれますね。



一等客室水回りも完備ですねぇ〜 おしゃれでしたね。
一等客室

一等 食堂、読書室、社交室、喫煙室・・・・
当時に生きていても、われわれはここには入れなかったところですね。



古き良き時代             ・
まさにそのころだったんでしょね・・・

感慨深いですね〜・・・・・     。

第二次世界大戦では、
海軍特設病院船となりって
外観を真っ白に塗り、
赤十字を書いていたようですが、
武器を運ぶように言われたのを断ったときは
軍刀を抜かれ『国賊』呼ばわりされたけど
船長は毅然として断った。

との話に うるうるしました・・・・
(展示室にいろいろ書いてあるものから・・・)
                                      


時間つぶしのつもりで入った
氷川丸でしたが
まだまだゆっくりこの空気を
感じていたかったですね。

機関室も見学
ここで仕事していた
人たちあってこそだな・・・・と
迫力にも感嘆し
名残惜しみながら
氷川丸を下船しました。

(一時間くらいで回りました
が、まだまだ見たい・・・・。)



さてさて、シーバスのチケットも購入

さぁ、帰りましょ。

横浜YCATから
帰りも高速バスで
帰りましょ。

楽しかったですね、
たのしかったです。
また行きましょう。
そうですね、また行きましょう。


ぴあるっすん村あひるろ 横浜に行くの巻き  

 
(次回 番外編あります)

author:村長代理, category:横浜に行くの巻き, 14:01
comments(2), -, -
Comment
コメントありがとうございます。
次回番外編も楽しく可愛いキャラが出ますので
見てください。
humico, 2013/06/18 9:00 PM
アヒルロ達の"いい日旅立ち"でしたね〜。腹いっぱい、い〜っぱいで楽し気な空気が伝わってきますょぉ。今度、ご一緒したいデスネ



ne〜san, 2013/06/17 10:53 PM