RSS | ATOM | SEARCH
復活! フリーズしていた”ぴあ・るっすん村”が動き出しました

 

しばらくの間フリーズしていた ”ぴあ・るっすん村”です。

世の中から忘れ去られてしまっていると思ったら

こんな時でも覗いてくださる優しい人がたくさんいて

とても嬉しく今、村長は涙をにじませています・・・ぐすん

 

 

 

まだ寒いころ、大事な大事な村長の秘密の呪文がなくなりました。

呪文が書かれた巻物の片隅が破れてなくなっていました。

これは一大事!!と世界に広がった村人に応援を頼み

呪文の巻物の切れ端をを大捜索アセアセ

村人たちは夜な夜な集まっては情報収集・・・

きっとあなたの家族の村人も、こっそり夜中に抜け出して

村の一大事に活躍してくれたと思います。キラキラ月

 

そんなとき、三日前までならその思念が残す残像を見られるという

特殊な能力をもった村人が名乗り出てくれました。ひらめき

みんなが見守る中彼は静かに目を閉じ集中しています

見えてきました・・・

どうやら小さなカヤネズミがかじって持っていったような、

そのカヤネズミはトンビにさわられ大空高く舞い上がったその時

呪文の切れ端はネズミの手からはなれてひらひらと舞い落ち

風に吹かれて海まで飛んで行ってしまったようだと・・・

 

うーーーん うーーーーん とその後を見ています

 

海に落ちた呪文の端切れは・・・

マッコウクジラが呼吸をするために水面にあがったときに

どうやらイカと間違えて呑み込んでしまったようですクジラ

 

それならばと信用が置ける秘密のルートで

マッコウクジラに返してもらえるように話をしてもらいました。

しかし、深海深く潜ってしまうマッコウクジラを探すのは

容易ではなく随分と時間がかかってしまったわけです。

 

やっとのことでマッコウクジラに会えたので

事情を説明して呪文の切れ端を

『ペッツ!!』と吐き出してもらい持ち帰った村長は

緊急村議会を開き

大事な呪文が無くならないように

村に用心棒を頼むことにしました。

 

かくして、無事に秘密の呪文の切れ端氏が戻り

新たな村人も生まれていますので

また会える日を楽しみに待っていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

用心棒の話は次回そんなこんなの言い訳する

   

                 村長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:村長代理, category:ぴあ・るっすん村物語, 11:58
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。