RSS | ATOM | SEARCH
昇仙峡・山頂到着 弥三郎岳へ
山頂に到着しました。
ここには お土産店もあります。
レストランもあります。
縁結びの八雲神社もあります。
約束の鐘なるものもありまして
恋人たちが鳴らしていくんでしょうね。
そして
素晴らしい眺めの展望台がありますが


そちらはいつかご自分でかくにんしてください。





我々の目的は
その先にある弥三郎岳(羅漢寺山)ですよ!!
なんだかすごい矢印上ところだってききましたが・・・

山頂のパノラマ台駅から 
徒歩 20分となっていますね。
20分程度ならちょいちょいって
行ってきましょうか?


って、お気軽に歩き始めましたが・・・甘く見た・・・
散歩道ではないです。
林道が・・・登山道に・・・さらに崖っぷっちです。
サンダルやヒールの靴なんかで行ってはいけません!!
こーんな道を行きますからね。


( 山梨の林道辞典 231弥三郎岳 から)


ハッキリ言って
怖いです。
丸っこい岩の上に立ちますので
どこまで行っていいのか・・・
岩の上は
へっぴり腰で移動です。
てっぺんには三角点
なぜか小銭がおいてあります。







眺めは最高にいいところです
ポイント





てっぺんより
一段下のほうが眺めがよいのですが
眺めがよすぎて怖すぎます。
kyu
緊張感が伝わらないと思いますが・・・



手すりもにもありません。
ほんとにエクステンションエクステンション
絶対にふざけてはいけないところです。



ちなみに 弥三郎岳 - Wikipediaで見てください。

どこまでも行こう林道の旅

  こーーーーーーんな ところです。Docomo_kao20
  絶景を大いに楽しむ余裕もなく、ちょっとだけ楽しんできました。
  なーんだDocomo103ひよこ と思う方は ぜひ 尋ねてみてください。
  想像を超えるスリルですから・・・
  ただし、滑らない靴とふざけない心で行きましょう どこも

                         あとちょっとつづく
 
author:村長代理, category:山梨 昇仙峡の旅, 20:09
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。